Conscious[コンシャス]とは

Conscious(コンシャス)とは、「意識」を意味する言葉だが、”社会的な問題意識を持つこと”であったり、”人間の深い内面を探求する”という、2つの意味合いを含んでいる。とりわけ、90年代半ばから00年代初頭頃にかけてNasやCommon,Talib Kweli,Mos Defなどが「コンシャス・ラッパー」と称される様になったことで、その意味合いが強まり、広がっていった。

その後、時代の推移と変遷により、「問題意識を持つこと」や「内面を深く探求すること」は、当たり前の要素となり、アーティストがそう呼ばれることはほとんど無くなり、加えて、音楽面における追求と進化、商業的な側面なども相まって、「コンシャス」であることも、重要視されなくなっていった。アーティストに要求される知性は、「問題提起とその対処方法」や「内面に秘める力の解放(スピリチャリズム)」より「どう上手くやるか」にシフトしていき、今もその流れの中にある。

2000年代も20年が経ち、このコンシャスネスは失われたに等しいほどである。ある意味それは、自然淘汰の果てであり、Survival Of Fitness(適者生存)の結果とも言えるが、ここで再びその「意識」を呼び覚ますことに、価値と必要性を感じ為、ここに保存していきたい。

では、”問題提起とその対処法”と”人間の内面の探求”、
2つの意味を兼ね備えた”Conscious”とは、
具体的にどういうことか、以下にその代表例と言える
2本の作品を紹介して、この項を締めるとする。

Dear Moleskine – Divine Victory [Prod. By Just Blaze]

“Dear Moleskine – Divine Victory”10年以上前の作品で、その傑出ぶりにも関わらずネット上から完全に姿が消した幻の作品。リリースされた当時、これはヤバい…!!と保存していた為(過去の自分を褒めてやりたい)、時折り思い出しては触れ、その度にヤられていた名作。この度蔵出し、公開したので(Exclusive!!) ご堪能あれ。▶リリックと訳

Dead Prez – We Need A Revolution

▶ 3:00〜 のアカペラバースは必聴。

コメント

  1. Hi, this is a comment.
    To get started with moderating, editing, and deleting comments, please visit the Comments screen in the dashboard.
    Commenter avatars come from Gravatar.

タイトルとURLをコピーしました